« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

山本志帆展-心音- 3月4日から

3月4日(木)より、山本志帆展-心音-が始まります。

Hitotubunoniziexhibition

身近にある現実を見つめ、静寂な作品を生み出す山本志帆。

昨年、春の院展で初入選した日本画家です。

2008年から、吉美画廊-small space-、京都アートフェア、大丸東京店、神戸アートマルシェ、大丸神戸店でグループ展や個展を重ね、今回吉美画廊にて個展を開催する運びとなりました。

是非ご高覧下さいませ。

山本志帆展 -心音-

2010年3月4日(木)-16日(火)
11:00-19:00 水休

関連URL http://homepage3.nifty.com/yoshimigallery/shiho_yamamoto_solo_exhibition.html

吉美画廊

yoshimi@mbm.nifty.com

http://www.yoshimigallery.com

|

小田志保の作品集

小田志保の作品集が届きました。

P10401981

昨年の博士課程公開審査レビューに出品した作品と、展示風景が掲載されています。

この時期になりますと芸大の卒展が行われますが、小田志保との出会いも、ちょうど今頃、卒展を見に東京へ行った際、銀座でやっていた個展を見たのが始まりでした。

その後幾度か個展に足を運び、昨年2月には吉美画廊で個展を開催致しました。

この作品集を見ていますと、彼女の成長が分かるのと同時に、今までの彼女との関わりを想い出します。

作品集は販売は致しておりませんが、吉美画廊に置いておりますので、是非ご覧下さいませ。

博士課程での研究の成果をご覧いただけます。

小田志保 artist page

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com
yoshimi@mbm.nifty.com

|

小田志保 博士号を取得

昨年2月に吉美画廊で個展を致しました小田志保が博士号を取得致しました。

12月に行われた大学院博士学位審査公開レビューにおいての研究発表と論文の審査を経て、この度学位取得が認められたのです。

東北芸術工科大学の洋画では第一号ということもあり、参考とする先人がいない中、かなり努力が必要だったのではないでしょうか。

本当におめでとうございます。

研究発表のテーマは、「“他者”をモデルとする人物表現の研究」~テンペラと油彩の混合技法を用いて~、でした。

コンプレックスが描く原動力になっていると語る彼女にとって、他者を描くことは自分自身を見つめる行為でもあるのですが、質疑応答や論文などで言葉にすることにより、客観的に自分を見ることが出来たでしょうし、新たな発見もあったことと思います。

それらを糧にしてまた作品を制作すれば、更に秀作が生まれることでしょう。

東京での個展の時にお話ししましたが、なかなか学位取得の通知が届かず落ち着かない様子でした。

これで一安心、次のステップに進めますね。

私たちは、新たに誕生する作品を今後も皆様にご紹介していきたいと思います。

作品提供など、審査公開レビューにてご協力下さいました皆様には改めて感謝申し上げます。

ありがとうございました。

吉美画廊

yoshimi@mbm.nifty.com

http://www.yoshimigallery.com

|

-small space- 広田雅久 聖堂を中心に を終えて

-small space-で開催していました「広田雅久 聖堂を中心に」が終了致しました。

広田雅久の作品は聖堂以外にもモティーフがありますが、今回はドラマティックに表現された聖堂を配した風景画をストーリー仕立てにして展示致しました。

メゾチントの世界に引き込まれてか、版画をあまりご存知のない方も中に入られ、ご鑑賞いただけた企画でした。

あまり興味がなかった方に少しでも興味を持っていただける様な展示が出来れば、微力ながら美術を身近に感じてもらえることにお役に立てるのではないかと感じました。

先日、国立国際美術館の展覧会で「作家の意図が分からない」と言って帰られたご年配の方がいらっしゃいました。

展覧会にいらっしゃったということは興味をお持ちである方であるにもかかわらず、展示やテキストに作家の略歴や作品説明が無かった為、現代アートを読み取れなかった様でした。

アートの普及という点から考えると、有料の図録に記すだけでなく、展示の場にも少しヒントになる説明があった方が現代アート初心者の方には親切ではないかと思います。

画廊にもそういう視点が欠けているのでは。

タブローの作家の版画にも秀作はありますが、版画家による版画を、今までもご紹介してきましたが、今後はご覧いただける機会を更に多く作り、展示にも工夫をしていこうと思いました。

これからも-small space-の企画をお楽しみくださいませ。

Hirota 広田雅久「七つの聖堂 より」メゾチント

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com

yoshimi@mbm.nifty.com

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »