« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

『アートコレクター』に SAOG 掲載

4月25日に発売された『アートコレクター』6月号(生活の友社)に

7月京都 東急ホテルのアートギャラリーで行う

「Selected Artists Of Gallery In KYOTO」(SAOG)

が掲載されています。

「京都のアートを訪ねよう」という特集の中です。

吉美画廊にも置いていますが、書店でもお手にとってみて下さい。

前々回のブログにも書きましたが、この企画は、ただギャラリーが集まって展示をするのではなく、一つの空間に各ギャラリーが個展ないしは二人展を展開するという特徴があります。

NYではアートフェアが数多く催されるようになり、東京でもそうですが、コンテンポラリー限定であるとか、作家が若い人限定であるとか、各々他のアートフェアとは異なる趣旨で開催しています。

出品される作品のカテゴリーを限定するのはよく見受けられますが、今回は見せ方を限定するという切り口で新しい企画をと考えました。

個展もしくは二人展、つまり紹介する作家の数を絞ることによって、作家をよりよく知っていただくことができるでしょうし、5つの展覧会が一堂に垣根なく行われる為、各展覧会の比較がしやすいと思います。

詳細は吉美画廊HPに載せていますが、イベントのHPが出来ましたらブログでもお知らせ致します。

お楽しみに。

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com

yoshimi@mbm.nifty.com

|

SAOG 詳細情報

前回の日記に書きました

Selected Artists Of Gallery In KYOTO (SAOG)

の詳細情報を吉美画廊のHPに掲載致しました。

SAOG詳細
http://homepage3.nifty.com/yoshimigallery/SAOG.html

是非ご覧下さいませ。

 

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com

yoshimi@mbm.nifty.com

|

Selected Artists Of Gallery In KYOTO

28日は東京へ行ってきました。

寺林武洋さんが、東京・京橋のあらかわ画廊さんでのグループ展に出品していますので、それを拝見しに行きました。

そこで、画廊や出版社の方とお話していましたら、画廊が集まって開催されるイベントの話題が出ました。

東京では各地で画廊イベントが頻繁に行われています。

それに比べますと、関西はイベントが少ない為、盛り上がりが持続せず単発で終わっている感じがします。

大型のアートフェアだと費用面で頻繁にやるのは厳しいとの声も多く、以前から、今までのアートフェアとは違ったイベントが関西でできないかと考えていました。

そんな折、7月28日から京都東急ホテルのアートギャラリーにて、京都と大阪の5画廊が集まって企画をすることとなりました。

この企画『Selected Artists Of Gallery In KYOTO』は、大型のアートフェアとは異なり、ブースといった壁で区切ることなく、各画廊は決められた範囲の壁面に展示致します。

つまり、1つのギャラリー(空間)に垣根なく5つの展覧会が同時開催されるのです。

また、各画廊が推奨する作家の個展もしくは二人展に限定しているのも特徴です。

吉美画廊は小田志保と寺林武洋の二人展を致します。

詳細は後日、ホームページに掲載致しますので、お楽しみに。

 

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com

yoshimi@mbm.nifty.com

|

『有名作家絵画展-油彩・版画・日本画-』 開催中

現在、メインスペースでは、

『有名作家絵画展-油彩・版画・日本画-』を開催致しております。

海外では、シャガール、ピカソ、ビュッフェなどの巨匠の版画作品、

国内では井上覚造、小杉小二郎、斎藤真一などの

物故・現存問わず有名作家による油彩や版画、

そして日本画家による本画や版画等、

様々な作品をご覧いただける企画となっています。

Yumeisakkakaigaten

好きな作家や作風が分からない方には、

沢山の展覧会を見ずとも、この中ではこれが好き、といった見方ができるかと思います。

是非ご高覧下さいませ。

 『有名作家絵画展-油彩・版画・日本画-』

   5月25日(火)まで 但し毎週水曜・5月2日(日)-6日(水)休廊

 

-small space-では、特集展示 『大垣禎造 “自然の美”』を開催中です。

吉美画廊の銅版画コレクションより、蝋画も含め約10点展示致しております。

Ogaki_2

物語性のある繊細な作品を是非ご高覧下さいませ。

 『-small space- 大垣禎造 “自然の美”』

   5月1日(土)まで 水曜休廊

 

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com

yoshimi@mbm.nifty.com

|

-small space- 大垣禎造 “自然の美” 銅版画コレクションより

本日より、-small space-の特集展示として、『大垣禎造 “自然の美” 銅版画コレクションより』を開催致しております。

大垣禎造氏は1936年に京都で生まれ、留学生として渡仏。

1974年からフランスに移り住み、フランス国籍を取得しました。

異国フランスの地に根を生やし、

その自然を穏やかで懐かしい情景として銅版画で表現しています。

今回は、蝋画を含め吉美画廊のコレクションより約10点を展示致します。

是非この機会にご高覧下さいませ。

Ogaki

-small space- 大垣禎造 “自然の美” 銅版画コレクションより

2010年4月20日(火)-5月1日(土)水休

 

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com

yoshimi@mbm.nifty.com

|

お詫びと訂正

現在、東京・京橋のあらかわ画廊さんのグループ展「人間風景展」が開催されており、寺林武洋さんが出品しています。

19日に、吉美画廊のホームページ内の寺林武洋アーティストページに展覧会情報を記載致しましたが、場所を「東京・銀座」と記しておりました。正しくは「東京・京橋」です。

お詫びして訂正致します。

寺林武洋アーティストページ(吉美画廊HP)

 

吉美画廊

http://www.yoshimigallery.com

yoshimi@mbm.nifty.com

|

誕生の喜び

前回のブログに、山本志帆と連絡が取れていない、と書きましたが、

先々週にメールが届きました。

3月20日に女の子を出産しましたと。

ご高覧いただきました方へのお礼状の送付が遅くはなりましたが、

こんな嬉しい報告はありません。

昨日、赤ちゃんの写真が載ったハガキを送ってくれました。

ふっくらとした可愛い赤ちゃんです。

子供も産んでいない私ですが、写真を見ながらおばあさんになった気分でいます。

 

作家は作品を制作することによって、何かを生み出す喜びは体験しています。

しかし、それとは違った喜びが今回はあったはずです。

母親になりましたら、作品にも何らか影響があると思いますので、

今後の作品も楽しみです。

吉美画廊

yoshimi@mbm.nifty.com

http://www.yoshimigallery.com

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »